オプトがデジタルホールディングスになっていた

ライブドアで働いていた2005年。

大きなインターネット広告代理店が3つありました。

サイバー、オプト、セプテーニ。

そこに電通のネット広告担当のcci、
博報堂のネット広告担当のdacがあった感じでした。

時は流れて2020年。

今(2020年5月)のランキングは、1位サイバー4,536億円。
かなりぶっちぎった感じです。
ぶっちぎりすぎて、ネット広告の利益をAbemaTVに全部ぶっこむみたいな、
一人違うところで戦っている感じです。

そして、2位にDACで2,083億。
3位がオプトで899億、4位がアドウェイズで373億と、
直近だとセプテーニが消えた感じです。

そんな激動の業界の中でも頑張ってるオプト…

…なのですが、最近気づいたのですが、

名前が変わっていました


「当社グループは、2020年7月1日付で社名を「株式会社デジタルホールディングス」へと変更し、事業の軸足を広告代理事業からデジタルシフト事業へと移し、新たに始動いたします。」

デジタルホールディングスHP

デジタルホールディングス…
よくそんな名前残ってましたね

しかし、平井卓也デジタル改革担当大臣のデジタル局設立の話題もあり、
ちょうどいいタイミングかもしれませんね。
オプトといえば鉢嶺氏なのですが、
CEOには野内敦さんという方がなられていました。

オプトの沿革のページがあったので歴史を振り返ってみます。

1994年 デカレッグスとして創業。デカレッグス…。

1995年 株式会社オプトに社名変更。
サイバーが1998年、セプテー二が2000年なので、早いですね。

2000年に日本初のネット広告の効果測定システムADPLAN開発。
今ではADEBISに提供されたんですね…。

2004年JASDAQ上場。

2005年電通と業務提携。
続いてサイバーが博報堂と、セプテーニがADKと提携しましたね。

2008年、インターネット広告代理市場シェアナンバー1を獲得。
サイバーを抜いてたんですね。

2013年東証一部に上場。
サイバーが東証一部になる一年前に東証一部になってたんですね。

2014年 中国テンセントと業務提携。

2015年「オプトホールディング」に商号変更。

2017年電通との提携を解消。

2019年オプトチャイナ設立。

2020年デジタルホールディングスに名称変更。

最近はLINEとの関係強化がニュースになってましたね。
オプト、LINEの法人向けサービスの販売・開発パートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」にて、「Measurement」の認定バッジを取得

おすすめの記事