https化(常時SSL化)はお早めに

  • 0

https化(常時SSL化)はお早めに

Category : WEBニュース

 Googleは米国時間7月24日、「Chrome」のバージョン68を公開した。HTTPSを使用しないサイトは「保護されていません」と表示されるようになる。

2年前に最初に発表されたとおり、Googleは24日、Chromeの最新版では、暗号化されていないHTTPを使用してコンテンツを提供するすべてのサイトに対して警告を表示すると述べた。より多くのウェブマスターおよびサイト所有者に徐々にHTTPSの採用を促すという、同社が数年前から推進する取り組みの一環だ。HTTPSは、通信データを保護するための暗号化規格。

読み込んだ時に、緑色の南京錠マークまたは「安全」というメッセージがブラウザのアドレスバーに表示されないサイトは、「保護されていません」として警告が表示される。

CNETJapan

SSlとは、Secure Sockets Layerの略で、
インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。

常時SSl化すると、個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、
サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。

…もちろん個人情報やクレジットカードを扱うサイトであれば、
この「安全性」自体が重要なのですが、
それ以外のサイトでも、全てのサイトに関わってくるのが、
このクロムの変更です。

今までずっとhttpでやってきて、問題がなかったサイトでも、
「保護されていません」と出ると、
まるで怪しいサイト、安全対策を怠っているサイトに思われてしまうのです。

また、Googleの検索順位にも影響されると言われています。

常時SSl化はサイバードアにお任せください


Leave a Reply